読響/カンブルラン/金子三勇士(p):ちょっとおフランスなバルトーク2013/12/10 23:59


2013.12.10 サントリーホール (東京)
Sylvain Cambreling / 読売日本交響楽団
金子三勇士 (piano-2)
1. リゲティ: ロンターノ
2. バルトーク: ピアノ協奏曲第3番
3. バルトーク: 6つのルーマニア民族舞曲
4. バルトーク: 組曲「中国の不思議な役人」

演奏会に行く機会はめっきり減りましたが、バルトーク特集となれば、聴きに行かないわけにはまいりません。もしかしたら読響を聴きに行くのは初めてかもしれない。カンブルランも、実は名前すら知りませんでした。

リゲティの「ロンターノ」は、記録を見ると聴くのはこれで3回目。現代音楽の中では比較的メジャーなレパートリーみたいですね。しかしこの曲、私には何度聴いても「よくわからない曲」という印象です。何かが蠢くような旋律(とも言えないような音列)が楽器を変えながら延々と続き、虚無真空の宇宙的でもあるし、土の匂いがする生命力も感じられる、何とも不思議な曲です。不眠症によい音楽かもしれません。プログラムでは演奏時間約11分と書いてありましたが、20分はやってました。

続いてバルトーク晩年のピアノ協奏曲第3番。ソリストは日洪ハーフの若手ピアニスト、金子三勇士。当然「ミュージック」を意識した命名と思いますが、両親は桑名正博とアン・ルイスのファン、ということは、ないか。公式HPによると彼のハンガリー語名はKaneko Mijüdzsi Attilaだそうです。なのでハンガリーではアッティラと呼ばれるんでしょうね。さて弱冠24歳のあどけない金子君ですが、まだまだこれからの人のようです。破綻なく弾けるだけの技量はあるのでしょうが、ミスタッチもけっこうあって、それをカバーするに足るプラスアルファは感じられませんでした。終始型にはまった感じがして、タッチは至って普通でキレがなく、ただ流れで弾いているだけで奏者の「心」が響いて来ない。日本とハンガリーを行き来する人生ならば、この曲を弾きつつもっといろんなことを表現できるはず。若いんだからもっと向こう見ずにいろいろと可能性を追求して欲しいです。

休憩後の「ルーマニア民俗舞曲」はバルトークの代表作ですが、オケ版を実演で聴くのは初めてかも。ここまでカンブルランの描くバルトーク像を推し量るに足る材料がなかったのですが、同じくフランス人でバルトークを好んで演奏するブーレーズと比べて、アプローチは民族色の土着ピアノ系に少し傾いている気がしました。元々の読響の弦の音がハスキーなのも功を奏し、ハンガリー民謡(現在はルーマニア領のトランシルヴァニア地方ですが)の呼吸が、まるでピアノで奏でるかのような細やかなニュアンスで表現されていました。かと言って、ドハンガリーな田舎風演奏と違い、あくまでパリのエスプリを残した都会的な解釈。けっこう微妙な立ち位置の難しい演奏でしたが、ちゃんと着いていくオケも立派でした。

最後の「中国の不思議な役人」は演奏会用組曲版。このプログラムの負荷具合なら全曲版でやって欲しかったところです。ここでもオケのがんばりが際立ち、この難曲にして、一本芯が通って破綻なし。指揮者のリードが良かったのだと思います。出だしこそ控え目で「おや」と思ったのですが、冒頭にはクライマックスを持って来ないという作戦と見受けました。個々の奏者を切り出して見ればそりゃーこのオケはベルリンフィルでもロンドン響でもないですが、常任指揮者カンブルランの統率がよく利いている、チームプレイの勝利だと思いました。この取り合わせなら、また聴きたいと思わせるだけのものがありました。

アンコールはハンガリー舞曲でもやるのかなと思ったら、同じハンガリー繋がりでもベルリオーズの「ラコッツィ行進曲」。さすが、フランス人!

ロイヤルバレエ「くるみ割り人形」のライブビューイング2013/12/13 23:59


2013.12.13 Live Viewing from:
2013.12.12 Royal Opera House (London)
Tom Seligman / Orchestra of the Royal Opera House
Peter Wright (choreography, production & senario)
Marius Petipa (original scenario)
Laura Morera (The Sugar Plum Fairy), Federico Bonelli (The Prince)
Gary Avis (Herr Drosselmeyer), Francesca Hayward (Clara)
Alexander Campbell (Hans Peter/The Nutcracker), Yuhui Choe (Rose Fairy)
1. Tchaikovsky: The Nutcracker<BR>

初ライブビューイングです。日本に居ながらもほぼリアルタイムでロイヤルバレエが見れる貴重な企画だし、昨年の「くるみ割り人形」はブダペストで見たのでロンドンでは見ず、今年は見に行く予定がなく年末恒例の「くるみ割り人形」が途絶えてしまうところだったので、ちょうどよい機会でした。

ライブとは言っても時差があるので実際は中継録画ですが、前夜のパフォーマンスを1回限りの上映ですから貴重なワンチャンスです。19時15分に上映開始ですが、ダーシー・バッセルを司会に据えて、15分ほど前ふりが続きます。日本語字幕付きでギャリーさんの作品解説や、バレエスクールの様子、オリジナルの振付け師ピーター・ライトがレッスンを見に来たシーンなど、なかなか興味深い映像でした。

その後カメラはオペラハウスのオーディトリウムに切り替わり、指揮者が登場してようやく開演です。ライブビューイングの日はさすがにオケも手堅い演奏をしていましたが、これは映画館のせいなんでしょう、音響があまり良くなかったので音は不満でした。まあ、もちろん生と比べるのは無い物ねだりですが…。一方、バレエはだいたいオーケストラストールかストールサークルの最前列で見ることが多かったので、普段見たことがなかったアングルのシーンがいっぱい見れたのは新鮮でした。ただ、好きなときに見たいところをオペラグラスでアップで見る、というのができないのはちょっともどかしかった。

第1幕が終わるとちゃんと20分間の休憩があり、またバッセルの司会でチェレスタ奏者とケヴィン・オヘアへのインタビューがありました。このインタビューのところだけ、ふと気付くと字幕が出てなくて、見に来ていた大勢の子供さんは戸惑ったのではないかな。インタビューが終わって第2幕のあらすじに戻るとまた字幕が復活していたので、最初から台本で決まっている部分だけ、各国語の字幕が用意されているんでしょう。

本日のプリンシパルはモレラとボネッリ。モレラは上手い人なんですがクセのある役専門なので、シュガープラムにはちょっと違和感が…。身体も筋肉質で重量感があり、リフトではボネッリの顔が歪んでましたので(こういうのがアップになるから面白い、いやいや、辛い)実際重いんでしょう。花のワルツのユフィちゃんは相変わらず可憐です。足ワザの技巧は大したものだと素人目にも思いましたが、モレラと比べたらやっぱりスケール感がないなあと、前にも思った感想をまた感じてしまいました。平野さん、小林さん、高田さんも健在のご様子。クララを踊ったフランチェスカ・ヘイワードという人は記憶になかったんですが、ロイヤルのバレエスクールを出たばかりの若手とのこと。若いわりには女の色気があって、やけに艶っぽくなまめかしいクララが面白かったです。是非、お色気路線を突っ走って欲しいと思います。

つい半年前まで日常あたり前に目の前に広がっていた舞台が、もうスクリーンの向こう側、はるか遠くにしかないんだなあとしみじみ思い、ちょっと淋しくなりました。何にせよ、日本に居てもこうやって最新の舞台を見れるというのは有り難いことです。また行きたいと思います。ROHライブビューイングの今後の予告で、3月の「眠れる森の美女」のキャストにマクレー様の名前を見て、妻の目が眼鏡の奥でキラリと光ったのを、私は見逃しませんでした…。

都響/インバル/庄司(vn):最強のバルトーク・プログラム2013/12/20 23:59


2013.12.20 サントリーホール (東京)
Eliahu Inbal / 東京都交響楽団
庄司紗矢香 (violin-1)
1. バルトーク: ヴァイオリン協奏曲第2番
2. バルトーク: 歌劇「青ひげ公の城」(演奏会形式)

拙HPの演奏会備忘録にある通り、2003年以降に出かけた演奏会は全て記録を付け統計を取ったりしておりますが、この10年で同じ曲を繰り返し聴いた回数のベスト3は、私の場合「くるみ割り人形」「青ひげ公の城」「バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番」なのでした。従って今日の演目は、自分的には一粒で二度美味しい最強のプログラムです。

庄司紗矢香さん、ロンドンにもよく来ていましたがタイミングが合わず、生演は今日が初めてです。インバルは昨年チェコフィルをドヴォルザークホールで聴いて以来。コンチェルトは、冒頭ハープのメジャーコードから、焦らず急がずのゆっくり進行。ただ遅いだけじゃなくて、スルメを噛みしめるようにスコアをしゃぶりつくします。音楽の縦軸としては、輪郭を際立たせた透明度の高い演奏と言えるのでしょうが、横軸の流れが悪いのが気になりました。つまり、この曲はバルトークにしては曲構成の緻密さがユルく、まともに演奏すればブツ切れの断片寄せ集めになってしまいがちなので、ソリストを巻き込んだ何かしらの「ドラマ」を作って横の流れを上手く繋いでいく工夫が、まさに指揮者の腕の見せ所だと思っているのですが、インバルはぶっきらぼうに、断片は断片のまま突き放します。庄司紗矢香もこの難曲を涼しい顔をして澱みなく弾いていましたが、全体的にニュアンスが足りない、というか、ない。指揮者と独奏者のインタラクションをあまり感じられず、盛り上がれないままちぐはぐに終わった印象を受けました。席が横のほうでヴァイオリンの音が直接届かなかったので、かぶりつきで聴いたらまた印象は違うのかもしれません。少なくともソリストは満足していないなと感じたのは、アンコールでハンガリー民謡の編曲を演奏した際、それまでとは打って変わって活き活きと前に出る音で、私もやればこのくらいはできるのよ、というささやかな抵抗にも思えました。

さて、メインの青ひげ公。欠かせない曲の一部であるはずの吟遊詩人の前口上を省略し、前半に輪をかけての超遅い開始に、かなりいやな予感がしました。が、幸いそれは杞憂でした。徐々にヴェールを脱ぐように見えてきたのは、オケがさっきとは違い、ドラマがあること。ダイナミクスとテンポを細やかにコントロールした説得力のある劇的表現で、明らかにインバルはアプローチを変えてきています。都響は元よりしっかりとした音を出しているのに、第5の扉ではオルガン前に金管のバンダを揃えて盤石の音圧補強。第7の扉の最後に青ひげ公が「4番目の女は〜」と歌い出す直前の、私の特に好きな場面では、一瞬の空気の変化をすっきり際立たせてユディットの心の揺れを演出。正直、9月に聴いた井上/東フィルとは、失礼ながら役者が違いました。インバル、天晴れです。

3年ぶりくらいに見るコムローシ・イルディコはさらに巨大になっていましたが、彼女独特の、強がり女の劇場型ユディットは健在。今日のインバルの演奏にはたいへんよくマッチしていました。未知数だったスイス人バリトンのマルクス・アイヒェは、非ハンガリー人なのでそんなに期待はしていなかったのですが、どうしてどうして、素晴らしい歌唱。ちょっと声質は軽い気がしますが(青ひげ公はやっぱりバスのほうがいいと思う)、この役に生真面目に取り組んでいるのがよくわかり、好感が持てました。後半でも、惜しむらくは、席。やはり歌手ものはフンパツしてでも真正面の前のほうで聴くべきだったと反省しきりです。