フレンチバレエの系譜、ロト/都響の「ダフニスとクロエ」ほか2020/02/03 23:59

2020.02.03 東京文化会館 大ホール (東京)
François-Xavier Roth / 東京都交響楽団
栗友会合唱団
1. ラモー: オペラ=バレ『優雅なインドの国々』組曲
2. ルベル: バレエ音楽《四大元素》
3. ラヴェル: バレエ音楽《ダフニスとクロエ》(全曲)

ロトは2000年のドナテッラ・フリック指揮者コンクール優勝者としてLSOとは関係が深く、自分がロンドンにいたころも何度かLSOに登場していましたが、当時は自分の中で優先度が低かったので、指揮者狙いでチケットを買う対象ではありませんでした。備忘録に書いてなければすっかり忘れていたところですが、2010年4月にプレヴィン/LSOで「アルプス交響曲」をやる演奏会のチケットをワクワクでゲットするも、あいにくプレヴィンが病気でキャンセル、代役に立ったロトは演目を「新世界」に変えてしまったのでチケットをリターンした、というニアミスはありました。それから10年しか経ってませんが、レ・シエクルの成功でロトはすっかり巨匠の風格です。実際、初めて目にする生ロト、年輪の刻まれたその顔は、まだ40代とは到底思えません。世代的にはキリル・ペトレンコ、ステファン・ドヌーヴと同世代ですが、ふーむ、老け顔具合はそんなに変わらんか・・・。

前半はバロック時代のフランスの作品。どちらも全く知らない曲です。バロックというとバッハとかヴィヴァルディの理知的に整ったイメージしか頭に浮かばなかった私からすると、両曲とも意外とアバンギャルド。ラモーは打楽器賑やかで、バロックトランペットも痛快な明るい曲。リュートみたいなのとギターを持ち替えている奏者がいたり、よくわからない手作りっぽい楽器も見えて、彩り豊かで飽きさせませんでした。一方のルベルは、これまた予想を裏切る、まさかの大不協和音から始まり、ロマンチックに展開する意味深な曲。どちらもバレエっぽいなと思ってあらためてプログラムを開いてみると、やっぱりバレエ曲。なるほど今日はフレンチバレエの系譜を垣間見る趣向なのだなと今更ながら気づきました。

メインの「ダフクロ」は、全曲通しで聴くのは超久しぶり。この曲はやっぱりコーラスが入って初めて音響が完成するのだなとあらためて気付かされます。フルートは寺本さんじゃなかったのは残念ですが、まあでもとても上手かったです。全体的にハイレベルで鳴っていた中、近年の都響はどうにもホルンがガンですが、それはさておき。都響を振るのは2回目というロトですが、さすがカリスマ、全く自分の手中で転がして、エゲツないくらいのキレキレリズムでガンガン攻めてきます。ちょっとラヴェルらしからぬこのエグさは、前半のバロックバレエと呼応しているのかなと思いました。個性的なダフクロでしたが、全体を通しては納得感のある演奏会でした。

都響/ギルバート:迫力のハンマー3発、マーラー「悲劇的」2019/12/14 23:59

2019.12.14 サントリーホール (東京)
Alan Gilbert / 東京都交響楽団
1. マーラー: 交響曲第6番 イ短調《悲劇的》

マーラー6番はかつてはほぼ毎年のように聴いていた気がしますが、最近はご無沙汰で、3年前の山田和樹の全交響曲演奏会(3年がかりでしたが)以来です。今年からNDRエルプフィルの首席に就任したアラン・ギルバートは、昨年から都響の首席客演指揮者の契約もしております。前回聴いたのは2012年でNYPとのマーラー9番他でしたが、当時の備忘録を読み返すと、奇を衒わず自然な流れに任せる部分と、繊細に細部を作り込む部分が混在した、説得力あるマーラーの音楽作りが特徴でした。今回も印象はまさにその通りで、ただ流すだけでなく、明確にストーリーがある没入型マーラー。ただし繊細なオケのコントロールという点ではオケの限界はあったようで、特にホルンは息切れが激しく、前回聴いたブル9と同じくもう少し安定感が欲しいところ。

中間楽章の曲順はアンダンテ→スケルツォ。終楽章のハンマーは、3回目を初演時の正しい箇所で叩いたのがちょっと意外(が、プログラムにはすでに3回叩く旨が書いてありました…)。ハンマー奏者が見えない席でしたが、ガツンと非常によく聴こえました。エンディングのトゥッティは今まで聴いた中でもダントツにビシッと揃っていて、溜飲を下げました。

2003年以降の記録で、マーラー6番は11回聴いていますが、うちハンマーを3回叩いたのは2人目です(もう一人はインキネン)。中間楽章の順は、指揮者別で言うと、「アンダンテが先」派が4人、「スケルツォが先」派が6人と、若干「スケルツォが先」に分があるようです。

参考:マーラー交響曲第6番演奏会記録
演奏者 第2楽章 ハンマー
2019 ギルバート/都響 アンダンテ 3回
2016 山田/日フィル スケルツォ 2回
2014 インキネン/日フィル スケルツォ 3回
2012 シャイー/ゲヴァントハウス アンダンテ 2回
2011 ビシュコフ/BBC響 スケルツォ 2回
2011 マゼール/フィルハーモニア スケルツォ 2回
2011 ビエロフラーヴェク/BBC響 アンダンテ 2回
2011 ヴィルトナー/ロンドンフィル スケルツォ 2回
2009 ハーディング/ロンドン響 アンダンテ 2回
2008 ハーディング/東フィル アンダンテ 2回
2004 ハイティンク/ロンドン響 スケルツォ 2回

2019年は結局演奏会5回に止まり、充実とは程遠い音楽ライフでした。来年はもうちょっとがんばりたいと思います。

新国立劇場バレエ:ロメオとジュリエット(マクミラン版)2019/10/19 23:59

2019.10.19 新国立劇場 オペラパレス (東京)
新国立劇場バレエ団「ロメオとジュリエット」
Martin Yates / 東京フィルハーモニー交響楽団
Kenneth MacMillan (振付)
小野絢子 (Juliet), 福岡雄大 (Romeo),
奥村康祐 (Mercutio), 貝川鐵夫 (Tibolt),
福田圭吾 (Benvolio), 渡邊峻郁 (Paris)
1. プロコフィエフ: ロメオとジュリエット(全3幕13場)

マクミラン版のロメジュリを生で見るのはほぼ8年ぶり。バーミンガム・ロイヤルバレエから装置と衣装を借りているだけあって、舞台の雰囲気はなかなか忠実に再現されていましたが、盲点は、かつら。娼婦のドレッドヘアがいかにも安っぽく興ざめでした。こういう細部もケチらず仕上げて欲しいと思います。

ほぼ余談ですが、マキューシオのパンツが肌色だったので、舞台の照明下では下半身すっぽんぽんに見えてしまい、一度そう見えるともはや修正が効かず、彼が出てくるたびに可笑しさがこみ上げてきてダメでした。

新国バレエは久々に見ますが、さすがに初日のキャストだけあって、ダンサーは皆しっかりと粒ぞろいで、足を引っ張る人は誰もいません。街の喧騒や舞踏会の場面で、端の方の小芝居にも手抜きがないので、いっそう舞台が引き締まっていました。ちょっと固さを感じたのは、初日だからか。マンドリンの踊りでロメオに絡んでくる女の子が色気があって良かったです。

ジュリエット役のプリンシパル、小野絢子さんは、ポワントの軽さやステップの完璧さが際立って素晴らしかったです。ただ、巧さが前面に立ってしまって、ベテラン臭というか、熟女感が出ていて、第1幕でジュリエットの少女感が希薄でしたが、第3幕は非常にハマっていました。

あとは、殺陣のリズムが音楽と上手く合ってなかったのは、ロイヤルほどは慣れてないせいですかな。オケは東フィル、指揮はロイヤルでもお馴染みだったバレエ専門のマーチン・イェーツ。東フィルは、バレエでは情けない演奏を聴かせることが多かったROHのオケよりも、だいぶしっかりしていたように思いました。

やはりどんだけDVDを見ようと、生演奏と生ダンサーの迫力に勝るものはなく、総じて満足した公演でした。しかし実を言うと、第1幕後の休憩時間に足元のおぼつかないじじいがスパークリングワインをグラスごとトレイから落として(というかほぼ吹っ飛ばして)、うちの家内の背中にたっぷりのワインが直撃、グラスの破片は床中に飛散、じじいは一緒にいた家族共々、喧騒を余所にそそくさとその場を離れてトンズラ、という事件があり、観劇気分はすっかりぶち壊されていたことを書いときます。ホールのスタッフは親切に対応してくれましたが、逃げたじじいとその家族は恥を知れ。二度とホールに来るなよ。

都響/大野和士/エーベルレ(vn):ベルクとブルックナーの遺作を並べる2019/09/03 23:59

2019.09.03 東京文化会館 大ホール (東京)
大野和士 / 東京都交響楽団
Veronika Eberle (violin-1)
1. ベルク: ヴァイオリン協奏曲《ある天使の思い出に》
2. ブルックナー: 交響曲第9番 ニ短調 WAB109(ノヴァーク版)

ブル9も最近聴いてないなーと思い(調べると5年ぶり)、気まぐれで買ってみたチケット。寝不足で体調も悪く、ちょっと演奏会にはきつい身体だったかも。

2003年以降に聴きに行った演奏会は演目を全部リスト化していますが、ざっと眺めて、シェーンベルク、ベルク、ウェーベルンのいわゆる「新ウィーン楽派」が極端に少ないことに気づきました。特にベルクは過去に「室内交響曲」1曲のみという体たらく。決して嫌いというわけでもないんですが、無意識に避けてきたんでしょうかね。ベルクの代表作であるヴァイオリン協奏曲も、実は聴くのはほとんど初めて。今さら指摘することでもないでしょうが、音列技法の作法に従い無調の仮面をかぶってはいるものの、不協和音は少なく、むしろ調性と調和を感じさせる不思議な曲です。ヴァイオリンのエーベルレは名前からして知らない人でしたが、30歳の若さで容姿淡麗、ヴァイオリンはさらに輪をかけて美しいという恵まれた資質の持ち主。1曲だけではもちろんよくわかりませんが、ベルク向きなのは確かでした。それを下支えするオケは、金管の弱音が不安定すぎるのが玉に瑕だったものの、ひたすら静かに、控えめに伴奏。

メインのブル9は最初から弱音欠如型。音圧だけはやたらとある演奏でしたが、引っかかりがなく、大野さんのこだわりポイントが見えてこない。第2楽章になると、今度は一転してスペクタクル感が強くなり、オケが鳴りまくってます。第3楽章も音大き過ぎで、全体的にメリハリがない。終わってみて「うるさかった」という印象しか残らなかったのは、自分の体調のせいだけでもないでしょう。ブルックナーをやるときは、もっとダイナミックレンジを広く取り、特に金管の弱音を磨いてほしい(もちろん強奏の馬力も必須ですが)、と思いました。これはインバル先生のときにはあまり感じなかったことですので、都響ならできるはず。

都響/ペレス:バレエ・リュスの傑作、「ペトルーシュカ」と「三角帽子」2019/06/08 23:59

2019.06.08 東京芸術劇場コンサートホール (東京)
Arejo Pérez / 東京都交響楽団
長尾洋史 (piano-1)
加藤のぞみ (mezzo-soprano-2)
1. ストラヴィンスキー: バレエ音楽《ペトルーシュカ》(1947年版)
2. ファリャ: バレエ音楽《三角帽子》(全曲)

バレエ・リュス繋がりの、私の大好物2曲。「三角帽子」は最近よく演目で目にするので、ファリャの何かの記念イヤーかなと思ったのですが、特にそういうものはなく、強いて言うなら「三角帽子」バレエの初演から100年後が今年でした。今回が都響初登場のアレホ・ペレスはアルゼンチン出身ですが、ファリャが晩年にフランコ政権を避けて亡命した先はアルゼンチン。また、ストラヴィンスキーとファリャはパリの芸術家サークル「アパッシュ」のメンバーとして親交があった、というようなところも加味して組まれたプログラムでしょうかね。

「ペトルーシュカ」の1947年版は、3管編成で軽くした分、より頻繁に演奏されるべきバージョンなのですが、昨今は原点主義が主流になっているためか、私の実体験で、4管編成の1911年版がプログラムに乗ることが多いように思います。ということで実は貴重な1947年版体験なのですが、まず冒頭から音量の加減なし。バランスが悪いというか、繊細なこだわりなしの開始にちょっと不安。初登場のハンデからか、縦線が甘く、思うようにリズムが作れていない気がしました。あまり得意レパートリーではないのかも。盛り上がりに欠けたまま淡々と進み、最後はコンサートエンディングで、ペトルーシュカは死なないで華やかな中に終わったので、全体として欲求不満。そういえば前回ペトルーシュカを聴いたのも(7年前のビエロフラーヴェク/チェコフィル)1947年版のこのエンディングだったのを思い出しました。レコードで聴く限り、1947年版といえどもカットなしで最後まで演奏するのが普通と思い込んでいたので、上演上の慣習なのかもしれません。

「三角帽子」は、前半とは打って変わり、旋律の歌わせ方が手慣れていて、こっちのほうが絶対おハコです。ステージ後方に位置した独唱は、スペイン在住のメゾソプラノ、加藤のぞみさん。出番は少ないものの、情緒ある熱唱がいっそう華を添えていました。ん、さっきのピアノの人が、今度はうしろでピアノを弾いている…。指揮者がノっているうえに、都響の木管は上手い人が揃っているので、安心して聴いていられます。お名前はわからないですが、ホルンに新顔の美人すぎる奏者(浜辺美波似)を発見したので、途中から視線はもっぱらそっちに。そうこうしているうちにあっという間に、私の大好きな終曲。アチェレランドで追い込んでいくのが小気味よかったです。欲を言えば、一番最後のブレークではスネアドラムにカスタネットを重ねて欲しかった。

短いコンサートでしたが、アンコールなしであっさり閉演。さてアレホ君、爪痕をどのくらい残したかは微妙。次の登場はいつだろうか…。

東京・春・音楽祭:ここでしか聴けないハイレベル、「さまよえるオランダ人」2019/04/07 23:59

2019.04.07 東京文化会館 大ホール (東京)
東京・春・音楽祭 ワーグナー・シリーズ Vol. 10
David Afkham / NHK交響楽団
Rainer Küchl (guest concertmaster)
Bryn Terfel (Der Holländer/bass-baritone)
Jens-Erik Aasbo (Daland/bass, Ain Angerの代役)
Ricarda Merbeth (Senta/soprano)
Peter Seiffert (Erik/tenor)
Aura Twarowska (Mary/mezzo-soprano)
Cosmin Ifrim (Der Steuermann Dalands/tenor)
東京オペラシンガーズ
中野一幸 (video)
1. ワーグナー: 歌劇《さまよえるオランダ人》(演奏会形式・字幕映像付)

昨年の「ローエングリン」は見送ってしまったので、2年ぶりの東京春祭ワーグナーです。満開のピークは過ぎましたが、まだ花見客で溢れかえる上野公園を横目に、久しぶりの文化会館へ。

まずは記録をたどってみると、「オランダ人」は2011年にロイヤルオペラで観て以来の2回目。ブリン・ターフェルも実はそんなに見てなくて、やはり2011年のロイヤルオペラ「トスカ」スカルピア役で聴いたのと、シモン・ボリバル響のロンドン公演アンコールでサプライズ登場したのを目の前かぶりつきで見たのが全て。他は初めての人ばかり、かと思いきや、舵手役テナーのコスミン・イフリムは、2006年に観たウィーン国立歌劇場ルーフテラスの「子供のためのオペラ」で、「バスティアンとバスティエンヌ」に出演していました。当時はまだ研究生くらいのキャリアだったでしょうか。

指揮者のダーヴィト・アフカムはドイツ出身、弱冠36歳の新進指揮者で、名前や顔立ちから推察される通り中東系ハーフ(お父さんがイラン人)とのこと。2008年のドナテッラ・フリック指揮者コンクールで優勝したのをきっかけに、ゲルギエフやハイティンクのアシスタントを務めながらキャリアを積み上げてきた人のようです。そういえば、2012年のドナテッラ・フリック指揮者コンクール最終選考をバービカンで見たことを懐かしく思い出しました。

この業界では全く「若造」のアフカム相手に、N響がナメた演奏をしないかとちょっと心配でしたが、今年もゲストコンマスに座ってくれたキュッヒルが睨みを利かせるこのシリーズでは、さすがにそんなことは杞憂でした。出だしの序曲から鋭く引き締まった弦、日本のオケとは思えない馬力の金管、メリハリの効いた演奏を最後まで集中力切らさず、相変わらずの高クオリティで聴かせてくれました。毎回書いてますが、今年もキュッヒル様様です。

このシリーズ、あらためて書くまでもないですが、オケのクオリティに加え、歌手陣が充実しているのも特長で、トータルでここまでのハイレベルは海外の有名歌劇場でもほとんどチャンスはないと思います。ターフェルのオランダ人が別格に素晴らしいのは言うまでもないとして、バイロイトでもゼンタを歌っているメルベートは、エキセントリックながらも浮つかないどっしりとした歌唱が貫禄十分。大御所ペーター・ザイフェルトは多分このシリーズ初登場で、65歳(ルチア・ポップのWidowerだからもっと歳食ってるかと思ったけど、15歳も年下の夫だったんですね)とは思えぬ伸びのある美声を披露。このトリプルスターに交じって、急病のアイン・アンガーの代役で呼ばれたノルウェー人バスのオースボーも、負けることなく堂々と渡り合っていましたので、知名度はまだまだかもしれませんが大した実力者です。主役4人が皆、体格も良く、一様に素晴らしいシンガーだったので、舵手役のイフリムは小柄さ(この人もぼっちゃり系ですけどね)と声の線細さ、不安定さが対比されてしまって気の毒でした。ただ、この役はこのくらい「若い」ほうがむしろ良いかもしれません。マリー役は、うーむ、ほとんど印象に残っていない…。

ビデオは、CGがどうしてもゲームっぽい感じになってしまうので最初は抵抗があったのですが、今回の「オランダ人」は奇をてらわず、ストーリーを分かりやすくトレースしていて、ただでさえ長ったらしいワーグナーのオペラをコンサート形式で鑑賞するにはこれもアリかなと、今は肯定派に傾いています。前にロンドンで観たときのシンボリックな演出よりはよっぽどいい。あと、今回あらためて思いましたが、登場人物がみんな自分勝手な人たちばかりで、最後の昇天のシーンも鼻白むというか、共感できるところがほとんどない寓話だなと。

さて来年は何が来るか、いつ発表になるのか知りませんが、初期の作品を除くともう残すは「トリスタンとイゾルデ」しかないので、それを有終の美として、このワーグナーシリーズもフィナーレ、となるのでしょうか。どんな歌手を揃えるのか、来年も期待大ですね。

気がつけば昨年は演奏会に行く数が激減していて、今年も目ぼしいものがまだ見つけられていないので、さらに激減する予感が…。ブログの更新もこんな感じになりそうです。


ブダペスト祝祭管/タカーチ=ナジ:1770年代と、その百年後の世界2018/11/10 23:59



2018.11.10 Liszt Academy of Music (Zeneakadémia) (Budapest)
Gábor Takács-Nagy / Budapest Festival Orchestra
Dávid Bereczky (French horn-3)
1. Mozart: Divertimento in D major, K. 136
2. Mozart: Symphony No. 32 in G major, K. 318
3. R. Strauss: Horn Concerto No. 1 in E-flat major, Op. 11
4. Haydn: The Desert Island – Overture, Hob. XXVIII:9
5. Haydn: Symphony No. 52 in C minor, Hob. I:52

5年ぶりのブダペスト、5年ぶりの祝祭管、11年ぶりのリスト音楽院になります。何もかも、皆、懐かしい…。普段ならまず聴きに行くことがない演目ばかりですが、ブダペストに立ち寄る日にタイミングよくあったこの演奏会、もちろん行かない手はありません。

指揮者のタカーチ=ナジは、タカーチSQの創始者としてハンガリーでは今でもファンが多く、客席は年配の聴衆を中心に満員御礼状態です。ヴァイオリン奏者としては一度だけ、12年前にミクロコスモスSQで聴いたことがありますが、指揮者としては初めてです。お顔の造作といい頭のハゲ具合といい、後姿はイヴァーン・フィッシャーとよく似ています。

まずは本日の選曲ですが、有名なディヴェルティメントの他は比較的マニアックな曲が並び、個人的に全く知らない曲ばかりです。このコンセプトは何だろうと思い、作曲年代と作曲者の年齢を調べてみると、以下の通りとなりました。

1. モーツァルト:ディヴェルティメント →1772年(16歳)
2. モーツァルト:交響曲第32番 →1779年(23歳)
3. R.シュトラウス:ホルン協奏曲第1番 →1882年(18歳)
4. ハイドン:歌劇「無人島」序曲 →1779年(47歳)
5. ハイドン:交響曲第52番 →1771年頃(39歳)

まず、真ん中のR.シュトラウスを除き、全て1770年代に作曲されています。ピンポイントの同時代といって良いでしょう。モーツァルトはウィーンへ出る前の、青年とも言えないくらいの若年時代。ハイドンはエステルハージ家に仕えており、生活が安定し創作も充実していた時代。二人に親交ができるのはこの直後の話です。そのちょうど百年後に作曲されたR.シュトラウスを加え、シンメトリーを描くように配置されたこの5曲のラインナップは、その統一感というか、流れにギャップがないのに驚かされます。また別の見方によれば、天才肌のモーツァルトとR.シュトラウスが20歳前後で若書きした曲に、ベテランハイドンの同時代曲を添えた、とも解釈できます。しかし、1770年代縛りをするにしても、モーツァルトには交響曲第25番とか第31番「パリ」といった著名作もありますし、ハイドンも第45番「告別」という傑作を残している中、あえてそういう名曲ラインナップにせず、前半を長調、後半を短調で雰囲気を変えるなど、いずれにしても相当考え込まれたプログラムと見ました。

ちなみに、11年前の最後のリスト音楽院は何だったろうかと記録を探すと、同じブダペスト祝祭管で、しかもR.シュトラウスのホルン協奏曲(第2番ですが)を聴いていたのでした。歴史はゆるーく、でも確実に繋がっています。

肝心の演奏の方は、なにぶん聴き慣れない曲ばかりにつき細部の論評は無理ということですいません。普段の半分以下の小編成で、テンポ速めに進みますが、ピリオドアプローチの匂いはなく、角が取れてしなやかに流れる演奏です。元々弦楽四重奏のために作曲されたディヴェルティメントを筆頭に、アンサンブルの一体感が凄くて、非常に統制のとれた弦はさすがです。

ホルン協奏曲のソリストは、オケのトップ奏者。どんな一流奏者でも音が潰れたり外したりはしょっちゅうのホルンという楽器において、コンチェルトのソリストをやろうなんてのは、相当に勇気がないとできない仕事だと私は常々感服しております。概ね立派なソロだったと思うのですが、音が決まらない箇所が多少あったのは、地方公演含めて同じ演目をこの日で三日連続吹いているため、少々お疲れ気味だった様子です。こういうとき、特に管楽器の場合は、初日が一番良かったりします。

久々に聴いた愛すべきブダペスト祝祭管、選曲からしてブラスの馬力は堪能できませんでしたが、世界屈指のオーケストラであることは今も変わらず、安心しました。また、久々のゼネアカデミア、不変の骨董品的な雰囲気と、芳醇な音響は相変わらず素晴らしかったものの、椅子が固くて尻と腰が痛くなるのも昔のまま。何もかも、皆、懐かしい…。

余談ですが、ブダペストの中心地オクタゴンで、その4角のうち3つの屋上広告が極東系(ファーウェイ、サムスン、中國銀行)に支配されていたのは、軽く衝撃でした。


ハンカチ王子とイケメン若大将による日本初演、ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第5番」2018/08/09 23:59


2018.08.09 ミューザ川崎シンフォニーホール (川崎)
藤岡幸夫 / 日本フィルハーモニー交響楽団
反田恭平 (piano-1)
1. ラフマニノフ(ヴァレンベルク編): ピアノ協奏曲第5番ホ短調(交響曲第2番の編曲)※日本初演
2. シベリウス: 交響曲第1番ホ短調

ラフマニノフのピアノ協奏曲はオフィシャルには第4番までしかありませんので、この「第5番」は幻の未発表曲、ではなくて、Brilliant Classicsのプロデューサーの発案で、交響曲第2番を大胆に編曲・再構成し、ピアノ協奏曲風に仕立て上げたものです。シューベルト「未完成」やブルックナー第9番の「4楽章完全版」のような仕事よりもさらにキワモノ度が高く、似たような曲としてはシチェドリンの「カルメン組曲」を連想しましたが、これは普通にシチェドリンの曲として扱われますよね。この「イロモノ」企画を「ヴァレンベルクの新作ピアノ協奏曲」と言わずに、子孫の許可も得て、批判を覚悟であえて「ラフマニノフのピアノ協奏曲第5番」として発表したのは、当然確信犯的なビジネスパースペクティブがあってのことでしょう。ベートーヴェンなら無理だがラフマニノフなら許される、みたいな、作曲家の格付け差別のような空気も薄っすらと感じないわけではありません。

ちょうど交響曲第2番がマイブームになり始めた頃の2009年にこの珍曲の存在を知り、発売されて間もないCDをロンドンで買いましたが、通しで1回聴いた後「うーむ」と唸ってしまい、それ以降あまり聴くことはなかったというか、聴こうと思ってもついオリジナルのほう(マゼール/ベルリンフィル盤やパッパーノ/聖チェチーリア盤)に手が伸びてしまいました。ラフマニノフの交響曲第2番は、メロウな旋律ということでは同氏のピアノ協奏曲第2番と比肩する人気曲ですし、これをピアノやボーカルに編曲したいという衝動はよくわかります。平原綾香の「adagio」なんかがそうですが、ワンフレーズだけ切り出してもメロディとして成立しないので、結局出来損ないの曲になってしまいかねない、ということがよくわかります。個人的にはクラシックの編曲モノは原則として否定的というか、「劣化コピー」と感じない優れた編曲に未だ出会ったことがない、というのが正直なところです。

前置きが長くなりましたが、「ラフ2」のマイブームが今でも継続中の自分としては、肯定派ではないにせよ、この問題作の日本初演ということであれば、これは是非とも立ち会っておかねばなるまいと。毎度の感想ですが、ミューザの平日夜の演奏会はいつも盛況な客入りです。後でわかったのですが、ソリストの反田恭平が今人気の若手ピアニストとのことで、マニアックな演目なのにソールドアウトだったのはそのおかげでしょうか。弱冠23歳の反田君は長髪を後ろに束ね、ハンカチで汗をふきふきする姿が可愛らしく、確かにファンがつきそうです。残念ながら席が遠かったせいか、ピアノがあまりストレートに届かず、随所にミスタッチもあって、印象は弱かったです。

あらためて実演で聴いて、ピアノ協奏曲風にするために随分とオーケストレーションや構成を削り込んだんだなあと、逆にその厖大な労力をおもんばかってしまいました。全体的に音を薄っぺらくした一方で、第1楽章エンディングのシンバル、大太鼓、ティンパニとか、終楽章のチューブラーベルとかの打楽器が増えていて、派手なピアノと相まって色彩感は増しています。構成では、元々4楽章から成る交響曲を3楽章の協奏曲に無理やり当てはめる解法として、どちらも三部形式の第2楽章と第3楽章をざっくりツギハギして「第2楽章」にするという暴挙に出たことが、やっぱり気に食わないです。暴力的な「びっくり開始」になってしまう「第2楽章」トリオ部も(おそらくピアノだと技巧的に追いつかないという理由で)想定外にテンポが落ちてしまうのがカッコ悪いです。これならば、元の第2楽章を丸々すっ飛ばす構成の方がよっぽど良いのではないかと思いますが、私の大好きな第2楽章の美しい第2主題(モデラート)が日の目を見るチャンスはいずれにせよありません・・・。他にも、「第2楽章」の最後、弦のコラールになる箇所がピアノに置き換えられるのはせっかくの流れを分断するよなあとか、終楽章エンディングの変なリズムは、ありゃ誰のマネじゃ、とか、いろいろ言いたいことはありますが、総じてシンフォニックな要素が削がれており、やはり交響曲第2番はまぎれもない「シンフォニー」だったのであって、ピアノ協奏曲第2番とは似て(もいないし)非なるもの、との認識を強くするだけでした。

メインのシベリウスは、よく考えたら創立者の渡邉暁雄から最近のインキネンまで、脈々と引き継がれているはずの日フィルの伝統です。個人的にはこの交響詩のような第1番がシベリウスでは一番好きな交響曲なんですが、巡り合わせが悪く、実演で聴くのは実は今日が初めて。指揮者はこちらも初めての、藤岡幸夫。往年の日活映画スターのような、脂の乗った男前です。初演なのでかなりぎこちなさがあった前半と打って変わって、指揮者は伸び伸び、オケは活き活き。特別凄かったとか心を打ったということでもないですが、弦が非常に良かったし、管もトランペット以外はしっかりしていました。特にクラリネットには美味しい選曲続きでしょう。ティンパニも硬質でキレが良く、私好みです。今までそんなに好んで聴きに行くオケではなかったですが、シベリウスを聴きに日フィルに行く、というのは今後も期待大かなと思いました。

アンコールは、何かシベリウスの小曲でもやるかと思ったら、エルガーの「夜の歌」。藤岡氏はBBCフィルハーモニックとプロムスに出演した実績もあるんですね。

ヴォルコフ/読響:「不安の時代」と「革命」とレニーへのオマージュ2018/05/30 23:59

2018.05.30 サントリーホール (東京)
Ilan Volkov / 読売日本交響楽団
河村尚子 (piano-2)
1. プロコフィエフ: アメリカ序曲
2. バーンスタイン: 交響曲第2番「不安の時代」
3. ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番ニ短調

悪くないプログラムと思うのですが、客入りはもう一つで空席が目立ちました。そのおかげか、超久々にサントリーホールの最前列が取れましたが。

イスラエル人なのに名がイランとはこれいかに、というヴォルコフですが、写真から想像する以上に瘦せ型で学者のような風貌。音もさぞ学究的かと思いきや、意外とエモーショナル。というか、理知的と情緒的のバランスがほど良い感じです。1曲目のプロコフィエフはほぼ初めて聴くなので、よくわかりませんが、プロコとしてはよそ行き顔の上品な仕上がり。

続く「不安の時代」は、バーンスタインの交響曲の中では唯一声楽が入らないので、比較的演奏会のプログラムに乗りやすい曲ですが、何故かこれまで縁がなく、全曲通しての実演は初めてです(「仮面舞踏会」だけはヤングピープルズコンサートで聴いたことあり)。そもそもバーンスタインの交響曲は3曲いずれも、ウエストサイド物語やキャンディードのようなエンターテインメントの明るさはなく、クソ真面目に小難しく地味な曲という印象を持たざるをえませんが、この第2番は特に分裂症的で、第2部中間部のジャズピース「仮面舞踏会」だけが奇妙に浮いています。読響もここに来るとやけにノリノリでリズミカルに演奏していましたが、スイング感はいま二つくらい。ピアノの河村さん、運指は完璧と思いましたが、とりあえず楽譜を音にしました、という以上のものは伝わらず。この曲だけではよくわからんです。ピアノの配置が普通のコンチェルトと違って正面を向いていたので、逆に演奏中のお顔は見られませんでしたが、見た目可愛らしい人で、オケの人々からも愛されているのがよくわかりました。

そもそもこの「不安の時代」と「タコ5」というプログラムは、バーンスタインがソ連ツアーの直前にザルツブルク音楽祭に出演した際のプログラムと同じとのことで(パンフの中川右介氏の解説で初めて知りました)、その因縁深いメインのタコ5の演奏が、終楽章のコーダの前までは、ほぼまんまレニーへのオマージュだったので驚きました。細かいニュアンスがいちいちレニーで、音楽の喜びにあふれています。オケもヘタれずがんばりました。この曲の解釈として、今となっては正統派とは言えないのかもしれませんが、単純に、いいものを聴かせてもらったという満足感でいっぱいです。どうせオマージュならば、最後までレニー解釈(コーダ前からスコア指示の倍速で突っ走り、最後の最後で強烈なリタルダンドをかける)を貫いて欲しかったです。

カンブルラン/読響:終着点の「マーラー9番」2018/04/20 23:59

2018.04.20 サントリーホール (東京)
Sylvain Cambreling / 読売日本交響楽団
1. アイヴズ: ニューイングランドの3つの場所
2. マーラー: 交響曲第9番ニ長調

カンブルランはこのシーズンが読響常任指揮者として最後とのこと。読響の演奏を他の指揮者の時と比べれば、カンブルランの統率力は文句の余地がなく、選曲も相対的に私好みで、充実したものでした。どこのオケを振ろうとも安心してチケットが買える指揮者として、今後も贔屓にさせていただきます。

1曲目はほぼ初めて聴く曲でしたが、まさに「アイヴズ」サウンド。私の好きな「宵闇のセントラルパーク」や「答えのない質問」とも通じるものをビシビシと感じましたが、後で調べれば、マーラー9番を含め、作曲時期はけっこうカブってますね。アイヴズもマーラー同様、曲の途中で唐突に民謡や流行歌を挟み込んでくる人ですが、マーラー9番のほうはそういう引用の箇所がいくつかあっても、もはやそれがわからないくらい自然に溶け込んでいるのに対し、アイヴズは依然としてゴツゴツとした境界面を楽しむ作りとなっているのが、ほぼ同時期に作曲された曲の対比として興味深かったです。

メインのマーラー9番は好んで聴きに行く曲ですが、プロオケで聴くのは4年前のインバル/都響以来。カンブルランのマーラー(4番)を前回聴いたのもちょうどそのころでした。もっとサックリとした演奏を想像していたら、第1楽章の、遅めのテンポで重層的な響きを保ちつつ、非常に濃厚な表情付けがたいへん意外でした。バーンスタインのごとく「横の線」のフレーズ単位でいちいち粘るようなユダヤ系の味付けではなく、「縦の線」に熱を伝達するべくアイロンを押し付けているような(うまく伝わっている気がしませんが…)、カンブルランらしからぬ熱のこもった演奏でした。実際長めの演奏時間でしたが、実測値以上に「遅さ」を感じさせる、濃いい演奏。中間の第2、第3楽章は、依然として遅めのテンポながら、角の取れたフレンチスタイル。特に第3楽章はもっと激しく揺さぶる流れにもできたでしょうに、クライマックスは終楽章に取っておくモダンな戦略がニクいです。そして、終楽章のホルンには感服いたしました。もちろん、この演奏がマーラー9番のベストかと問われたらそうではありませんが、読響のホルンは都響やN響と比べて充実度が数段上だと常々感じております(もっと言うと、ホルンに関しては日本のオケでワールドクラスで戦える可能性があるのは読響くらいと思います…)。