トーンキュンストラー管(ウィーン楽友協会ホールにて)2010/11/07 23:59

2010.11.07 Musikverein, Grosser Saal (Vienna)
Michail Jurowski / Tonkuenstler-Orchester Niederoesterreich
Chloe Hanslip (Vn-2)
1. Barber: Overture to "The School for Scandal" Op. 5
2. Walton: Concerto for Violin and Orchestra
3. Barber: Adagio for Strings Op. 11
4. Bernstein: Symphonic Dances from "West Side Story"


先日の休暇の際、一度は娘に見せてやらねばと思っていたウィーン楽友協会大ホールにようやく行く機会を得ました。この日は日曜日ということもあって、朝はロイヤルコンセルトヘボウ管、午後はトーンキュンストラー管、夜はオーケストラ・ケルビーニというトリプルヘッダーでしたが、コンセルトヘボウにも惹かれたものの、結局チケットが取りやすく曲目も楽しそうだったトーンキュンストラーを今回は選びました。

指揮はミハイル・ユロフスキ。ウラディーミル、ディミトリ兄弟のお父ちゃんですが、まだ65歳のバリバリ現役世代です。登場したお父ちゃんは息子達からは想像もつかない恰幅の良い体型で、杖をつきながらおぼつかない足取りでよたよたと歩いてきました。しかしいったん演奏が始まると、ぴしっと伸びた背筋を軸に、滑らかでけっこう技巧的な指揮をしています。職人肌の人のようで、ロシア人指揮者とウィーンのオケによる米英作品の夕べ、というよく考えると意図不明の企画にもかかわらず、違和感なく手堅く聴かせていました。反面、特徴やハッとする部分もなく、病み付きになりそうな味ではありませんでした。

ウエストサイド物語のダンスナンバーでは終始リズムがぎこちなかったのは、指揮者のせいよりもオケに寄るところが大きかったかもしれません。打楽器陣はシモンボリバルほどノリノリでやってくれとは言いませんが、全体的にリズムの足を引っ張りがちで躍動感を殺いでいました。ティンパニが珍しく女性でしたが、せっかくマラカスに持ち替えながらも思い切りが悪く迫力に欠けました。オケも、トランペットやホルンは破綻せずがんばっており、スコアにない(がオリジナルのミュージカルにはある)フィンガースナップや「マンボ!」のかけ声も加えて、気合いは見せていましたが、この日は聴衆の年齢層が高くノリが悪かったのもいけなかったかも。

一方の有名なバーバーの「アダージョ」では、変に情感過多になることなく淡々と作った起伏がむしろ好ましいと思いました。このオケは木管はイマイチでしたが、弦とブラスはけっこう上手です。

前後しますが、クロエ・ハンスリップという人は名前からして初めて聴きました。まだ弱冠23歳ですが、芸歴は長く、レコードデビューは13歳のときだそうです。実際に出てきたハンスリップは、写真で見たイメージよりはちょっと顔が老け、体型も「おばさん化」し始めていました。ウォルトンの協奏曲はあまり聴かないので聴きどころがよくわからなかったですが、運指と弓の当て方がロマンチックというよりヒステリックに感じました。もちろん非の打ちようもないテクニックなのですが、こちらもまた深い印象を残すものでもありませんでした。

ホールはさすがにふくよかな残響で、低音も高音も柔らかに飛び込んで来ます。内装は、あたり前ですが、変わらずキンキラキンのまま。18年前に初めてこのホールで演奏会を聴いた時を思い出すと、今では感動はもうだいぶ薄れていますが、それでも是非また、何度でも来たいホールではあります。できればウィーンフィルを聴きに…。

ブダペスト:Rosensteinでフォアグラとパーリンカ2010/11/13 22:00

このところ忙しくてほとんど家にいなかったのでブログもずいぶん書きためてしまいました。

さて先日、ブダペストとウィーンに休暇の小旅行をしてきました。夕食は前回行けなかったRosensteinへ。ユダヤ系の(でも本格的なKosherではない)伝統的ハンガリー料理レストランです。

Rosenstein Vendeglo
http://rosenstein.hu
1087 Budapest, Mosonyi utca 3.
(ブダペスト東駅Keleti pu.から徒歩5分)
Tel: +36-1-333-3492


ここに来るとまず注文せねばならんのは、コーシェル・シルヴァパーリンカ。ハンガリー名物のプラムブランデーの中でもユダヤ教の戒律に則って製造されたコーシェルは特に品質が高いとされています。アルコール度数47%なので、強いお酒が苦手な人には勧められませんが。


ハンガリー人の習慣に従い、ぐいっと一気に飲み干します。うーん、相変わらずの美味〜。今日は思い切って「このパーリンカはいつも素晴らしいので、ボトルで売ってくれないか」とウェイターに聞いてみたところ、店長と相談すると言って引っ込んだ彼が後でにこやかに持ってきたのは、初めて見るボトルでした。よく見るとラベルはヘブライ語。普通には流通していないものなんでしょう。値段も十分リーズナブルで、ダメもとでも聞いてみるもんですね。後生大事に持ち帰り、居間に飾っています。日本に帰れることになったら、妻と共に祝杯で飲み干したいと思います。

前菜は、私:フォアグラのスモーク・ルッコラ添え、妻:ハンガリー式フォアグラ冷製、娘:イチゴのスープ。メインは、私:マンガリツァ豚のガーリック風味グリル、妻:シカ肉ステーキ・フォアグラ乗せ、娘:牛ヒレステーキ。どれもたいへん美味しゅうございました。おかげで、写真を撮るのも忘れてガツガツ食ってしまいました。


デザートはグンデル・パラチンタ。前回は本家のグンデルであまりにひどすぎるものが出てきてがっかりしたのですが(過去日記参照)、ここはいたって正統、フランベも奇麗に炎が上がっています。

東駅近くの刑務所横という、ちょっと雰囲気のよくない場所にあるのでアクセスは慣れないと勇気が要りますが、いつも地元のお客で賑わっている評判のレストランです。


おまけ。廉価版DVD映画シリーズ(990フォリント、約400円)にジブリ作品ラインナップが増えていたので、持ってなかったものを3点購入。リージョン2のPALです。

ウィーン:いつものワインとケーキ2010/11/14 09:00

ブダペストのあとはウィーンへ。夕食は我が家の定番、もう何度目だかわからない、グリンツィングの大型ホイリゲ・レストランZum Martin Seppまで、地下鉄とトラムを乗り継ぎ1時間かけて向かいました。

Zum Martin Sepp
http://www.zummartinsepp.at/
Cobenzlgasse 34, 1190 Wien
Tel: +43-1-320-3233


グリンツィングの酒場はいろいろ試したあげく、「飲み」もさることながら「食」も重視する我々は、一年通して温かい食事を出してくれるここに、結局落ち着きました。そういう店はホントに少ないんです。

この季節はガチョウ料理です。季節のものを食する主義の私は当然、ガチョウのスープにガチョウのグリルという王道パターンで注文。一度レギュラーメニューがガラッと変わりましたので、昔とはシェフが変わっていると思います。ちょっと味は落ちたかな、というか、マイルドになった気がしますが、今年の新酒ワインも、ナッツシュナップスも美味しかったので、良しとしましょう。オープン厨房が見える席に座って忙しく調理している姿を見るのもたいへん楽しいものです。

翌日は午後から楽友協会で演奏会を聴く前に、妻と娘の大好物、OBERLAAで甘さ控えめケーキを食します。

Kurkonditorei OBERLAA
http://www.oberlaa-wien.at/
Neuer Markt 16, 1010 Wien


妻はケーキ3個食べると豪語していましたが、Nordseeでランチを食べた直後でもあり、結局1人1個で抑えました。

もう何度もウィーンに行ってますが、上の2店はずっと欠かさず通ってます。

今回初めて行ってみたのは、エステルハージ・ケラー。町中ですが、Kohlmarktよりもさらに西、ちょっと外れのほうです。

Eszterhazy Keller
http://www.esterhazykeller.at/
Haarhof 1, 1010 Wien


地下の古いセラーを改造した薄暗い店内は迷路のようでした。ドリンクと一部料理(ウィンナーシュニッツェルと季節の特別料理)はテーブルでオーダーを取って持ってきてくれますが、他の料理はカウンターまで買いに行くセルフサービスです。カウンターのおばちゃんは、英語はほとんど通じませんでした。頼みたい料理が決まっていたら、まあ問題はないですが。シュニッツェルとターフェルシュピッツなどを取りましたが、どれもなかなか侮れない美味でした。ワインも白の若いワインを一通り試しましたが気安く飲むには最適で、値段もリーズナブル、是非また来たいお店でした。

ジョン・スコフィールド・トリオ2010/11/15 23:59

2010.11.15 Queen Elizabeth Hall (London)
John Scofield Trio:
John Scofield (G), Steve Swallow (B), Bill Stewart (Ds)
+ Scottish National Jazz Orchestra

Southbank CentreのWebサイトをつらつら見ていてふと発見したので(普段はオーケストラの情報ばかり見てるのでLondon Jazz Festivalのほうは気付きませんでした)、当日飛び込みで聴きに行ってみました。ジャズは普段あまり聴かないのですが、ジョンスコの「Electric Outlet」から「Pick Hits Live」くらいまでのアルバムは、当時組んでいたバンドでいくつかコピーをしていたこともあり、よく聴いていました。もう20年以上も前になるんですなあ…(遠い目)。

本日は、前半がジョンスコ・トリオ、休憩を挟んで後半がSNJO featuring John Scofieldという2部構成でした。実は生では初めて見るジョンスコは、来月で59歳。髭も、残り少ない髪もすっかり白くなって、もはやおじいちゃんの風貌です。ベースのスティーヴ・スワローはさらに上を行く70歳、若いドラムのビル・スチュワートにしてすでに44歳の超ベテラン熟年トリオですが、プレイは衰え知らずのアグレッシブで、特にハイテンションなギターは全く健在でした。この20年全く追いかけていなかったので知らない曲ばかりでしたが、曲はスインギーでブルージーな色合いがいっそう濃くなって、変態的なリズムやコード進行は鳴りを潜めていました。ビル・スチュワートの音は軽すぎてあまり好みではなかったのですが、手数系でポリリズムを多用した密度の濃いドラミングは、さすがです。

ジョンスコがゲストソリストで出演した後半は、あくまでビッグバンドが主役でしたので、打って変わってリラックスしたプレイでのびのびといっそうブルージーに弾いていました。マイルス時代のジョンスコの曲が中心だったらしいですが、その時代はあまり聴いていないので、「あー、これね」とわかる曲はありませんでした。SNJOはトランペットとテナーサックスのソロが非常に上手かった他は、特段粒ぞろいという感じはなく、ブラスがちょっとキンキン響き過ぎで聴いてて疲れました。ドラムは何かもっさりしていて、前半のスチュワートと比較されたら本人もたまらんでしょうが、並べるとやはり見劣りはしてしまうので、損しましたね。

隣りのおじちゃんは後半のほうがノッていましたが、私はトリオのほうがスリリングで面白かったかな。いずれにせよジョンスコのプレイは見かけより全然若かったので、思い立って聴きに行って本当に良かったです。

ロンドン響/ゲルギエフ:シチェドリンとマーラー2010/11/19 23:59

2010.11.19 Barbican Hall (London)
Valery Gergiev / London Symphony Orchestra
Olli Mustonen (P-1)
1. Shchedrin: Piano Concerto No. 4 'Sharp Keys'
2. Mahler: Symphony No. 1

11月は出張が多くてなかなか演奏会に行けず、久々のバービカンです。金曜日のおかげか、盛況な客入りでした。本日は前半が今シーズン集中的に取り上げているシチェドリン、後半は生誕150周年のマーラーという、シーズンコンセプトを象徴する選曲です。

まずシチェドリンのピアノ協奏曲第4番。もちろん聴くのは初めてですが、長大かつ壮大な曲でした。第1楽章はピアノのノスタルジックなフレーズで始まり、それを軸に徐々に肉付けされて行って盛り上がります。非常に調性的で耳に優しく、標題音楽のように何かしらの情景を頭に喚起させる音楽でした。私の場合はほろ苦いノスタルジーを覚え、子供のころ、夕焼けの中に河原の土手で遊んだ情景を思い浮かべていました。「ロシアの鐘」と題された第2楽章もまさに描写音楽で、甲高い鐘の音を模したピアノがキンキン響く中、情緒的な弦がピアノの周りに絡んで行きます。ひとしきり盛り上がりピークを越えたあとは冒頭のフレーズが戻ってきて、畳みかけるようなコーダで明るく終わります。

ムストネンはピアノの他に指揮も作曲もやるマルチタレントな人だそうですが、見た目は素朴そうなお兄ちゃんです。ところが、ピアノを弾いているときの眼光の鋭さと言ったら!演奏も切れ味の良いシャープなピアノで、音の粒が達人のチャーハンの如くパラリと立っています。アタックの強い打楽器のような弾き方は全くバルトーク向きですので、ピアノ協奏曲の2番なんかを是非聴いてみたいものです。癖なんでしょうか、助走をつけて構えた右腕の指先が、待ちきれない風にいちいちピラピラと動いていたのが印象的でした。また、たいへん汗っかきな人なんですね。燕尾服の袖で何度も汗を拭いていましたが、ハンカチくらいマネージャーが用意したらんかい、と思いました。

メインのマーラーは、オケがもうひとつ乗り切れていないように思えました。もちろんLSOですから技術的に非の打ち所はほとんどないんですが、全体を通して細かいところで雑なリズム、雑な音の処理が気になりました。そう言えば今日のコンマスRoman Simovicさんは、記憶に違いがなければ前に聴いた時にも雑な弾き方をする人だなという印象を持ったはずです。今日は真正面に座っていましたが、本来ならバシバシ感じるはずの音圧があまり来なかったのもちょっと不満。最後の最後、練習番号60の手前で一瞬無音になってしまったのはトライアングルとティンパニが両方同時に落ちたとしか考えられないんですが、そんなこともあるんですかねえ。

今年のPROMSで聴いたベルリンフィルが、圧倒的な演奏技術力を誇示しつつも、3楽章でギョっとするようなギミックを入れてきたりして余韻を引く音楽になっていたのと比べると、今日のLSOは工夫がなく、何となく小さく奇麗に流してしまったような気がします。9月の5番は凄く良かったのに、リハの時間が十分なかったんでしょうかね。まあ、そうは言っても、客観的総合的に見れば、ハイクオリティの「巨人」であったことは間違いないでしょう。次の9番を楽しみにしてます。

ピルゼン2010/11/21 03:13

こないだチェコのピルゼン(プルゼニュ)に行って来たので写真を少し。ピルゼンは何度も行ってますが、市街地を歩いたのは初めてでした。こじんまりとして良い感じの旧市街です。


町の中心、共和国広場にそびえ立つバルトロミェイ教会。クリスマスにはまだ早いですが、広場ではマーケットが立っていました。


懐かしい、生馬のメリーゴーランドも出ていました。ブダペストに住んでいたころ、夏場にウィーンに出かけたら、必ずプラター遊園地に立ち寄り、これと同じ生馬メリーゴーランドで娘を遊ばせていました。娘は何度もしつこく乗るお得意様だったので、お兄ちゃんも必ず一回分はサービスしてくれました。


共和国広場に面した市庁舎。よく見ると壁には非常に細かい装飾がなされています。


ちょっと離れたところにはなかなか美しいシナゴーグもありました。


さて、私はビールの中では大のチェコビール贔屓でして、中でもPilsner Urquellがお気に入り、ブダペストでは毎週末ケースで買って(私が行くスーパーでは缶はなく瓶だけでしたので)飲んでおりました。せっかくピルゼンに来たのだから是非飲みたかったところですが、あいにく運転しなければならなかったので、パス。代わりにビール博物館で我慢しました。

次回行くときは何とかピルゼンに宿泊して、ビール工場も見学して、たっぷりビール漬けになりたいと思います。

バンコク2010/11/26 19:59

出張でタイに行ってました。日本以外のアジアの国に行くのは、実は初めてなのでした。残念ながらフリータイムはゼロだったので、名所・遺跡は一切見れず。バンコクの町中を夜少し歩いたくらいでした。


町中いたるところに屋台があり、朝6時から深夜まで営業しています。多くの人は家に冷蔵庫がなく、朝昼夜を屋台飯で済ませているとのこと。1食30バーツ(80円くらい)で済むんなら、そうなるわなあ。衛生的には非常に悪そうですが。美味しそうなものもたくさんありましたが、体調を崩したくなかったので、今回はパス。


有名なパッポン通り。日本で言うとアメ横+歌舞伎町みたいなもんですか。見るからにバッタもんの露店が密集しており、アジアの香りがします。


その近く、スリウォン通り界隈にはタイ式マッサージの店が多数あって、日本人を当てにしているのか、日本語の看板がずらりと並んでいます。1000円くらいで2時間じっくり全身を揉みほぐしてくれますが、足や肩など部分的にやるメニューもあります。時間がなかったので1時間で足と肩だけやってもらいました。けっこう痛いと聞いていましたが、普段から肩こりがひどい私にはむしろ物足りないくらい。終わった後、肩のあざやかな軽さに感動しました。数時間が経つとすっかり元の肩こりに戻りましたが。


タイ人同僚のすすめで連れて行ってもらったレストラン、Baan Klang Nam。川沿いの人気レストランですが、旅行者がふらりと行けるようなロケーションではありません。実際、白人の客は数人いましたが、日本人はおそらく我々だけだったでしょう。料理は本格的タイ料理というよりは、魚介中心で、中華のテイストがかなり入っています。どれも味は良かったですが、タイの激辛料理も食べてみたかった私にはちょっと肩すかしでした。

ここに来る前に悪名高いバンコクの大渋滞にはまってしまい、フライトの時間があったので、ゆっくり食事ができなかったのが残念。


スワンナプーム空港にあった鬼の像です。今回、タイらしいモニュメントの写真はこれだけでした。しかしこの空港、新しくてやたらと広いのはいいとして、入国、出国の長蛇の列が凄まじく、何とか対策して欲しいところ。これではヒースローよりひどいです。おかげで、空港でもマッサージに行こうと思っていたのが、結局15分肩マッサージのみしかできませんでした。

滞在中、幸い天気は快晴で気温は25〜35℃。11〜12月が一年で一番過ごしやすい良い季節だそうですが、暑いのが苦手な私的には真夏としか言いようがありません。

ロンドンに帰ってきたらそこは気温3℃の世界、30℃の温度差を飛び降りて、ブルブル凍えております…。

Megamind 3D2010/11/29 06:29

何の話かわからず、先入観なしで見たせいか、けっこう面白かったです。

ブラックホールに吸い込まれる直前、種の保存の希望を託して赤ん坊を乗せ放たれた2機の宇宙カプセルが漂着したのは、1つは地球の裕福な家庭、もう1つは刑務所だった…。ヒーロー対悪役のドタバタコミックかと思いきや、そこはDream Worksですからひねくり回しています。主役はむしろヒールのメガマインドで、スーパーヒーローのメトロマン(声はブラッド・ピット)は典型的ないけすかないマッチョアメリカンとして描かれていて、その二人の戦いは結局のところ「プロレス」です。ところがある日、メガマインドがメトロマンに想定外に勝ってしまったものだから、さあたいへん。張り合いを失ったメガマインドは、自らの手で新たなスーパーヒーローを作り出そうとしますが…。

先が読めないストーリー展開はたいへんテンポが良く、AC/DC、Guns & Roses、Michael Jacksonといった洋楽懐メロもふんだんに使用されて、なかなか楽しめました。